2008年03月31日

大きな木

わたしは、自分の両親を「パパ。ママ」と呼び
母の妹である叔母夫婦を「お父さん。お母さん」と呼んでいた

小さいときから、よく面倒を見てもらって
広島出身のお父さんの影響で、私も広島カープが好きになり
広島出身の吉川晃司も好きになった


結婚することになり、遠くに行くことになったけれど
広島と同じ中国地方だから、なんとなく安心と思ったりした

私が結婚したとき、お父さんはシンガポールに駐在していたので
新婚旅行の帰りに、シンガポールの叔父さんに会いにいった

いつも笑顔で、叔父さんが怒ったり、不機嫌な顔をしたり
人のことを悪く言ったりしたところを一度も見たことがない

4年前に、静岡に戻ってきたときも、しばらく叔父さんの家に
子供たちと居候させてもらった

父が亡くなり、母も難病になってからは
私の心の中で、お父さん呼べる人がいることが
私の支えだった

叔父さんが、体調を崩して、入院した
お見舞いに行くと私の仕事のことや、子供たちのことを
心配してくれていた

叔母やいとこたち、お嫁さんやお婿さんみんなに囲まれて
お父さんは、生き抜いたんだと思う

3月16日
たくさんの温かい愛に囲まれて
関わったみんなの心にお父さんの優しい気持ちが
いつまでも息づいていると思う

家族ってかけがえのないものだなとおもった
一番大切なものだとおもった

お父さんは、ついこないだまでANちゃんの塾の送り迎えを
してくれていた

来月、生まれる初孫に会えるはずだったのに

母が、詠った歌がありました


妹は やさしき家族に恵まれて 誕生日の花 多くありすぎて

妹が 届けてくれし幸せの花 我も うれしき

妹のだんなさんは優しき人 我知る人で いちばん温厚

お父さん ありがとう




posted by shio at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。