2007年05月27日

始まりの夜に

母が、自宅で過ごす最後の日...

いつも通り仕事に出かけた

職場で偶然、3年前の在宅療養へ移る際に
お世話になった方にお会いしました

部署が変わってしまい、関係がなくなってしまったけれど
前例がないことを沢山作っていただいたので
会えたらお礼が言いたいなと思っていました

ずっと気にしてくれていたようで
今は、介護の勉強もされていて、徹夜での勉強が続いているとのこと

母が、生きている証を感じたような気がして
心が熱くなりました

新しい職場では、たくさんの出会いがありました

ルネサンス〜再生という名前にふさわしい空間にしたいなと思って
スタートして2ヶ月

母から「仕事、がんばって。人を喜ばす人になってね」と言われました

仕事が終わって帰るとテレビの取材がありました

とても、心境をはなせるような状態ではなかったけど
母と友人ヘルパーさんが「最後にきちんと話をしよう」と受けた

母は
「新しい道に光が射している。家で過ごした三年間に花が咲いている。新しい場所でもっと力がだせる。」と話していた

終わりの夜じゃなくて始まりの夜にたくさんの朝日が待っているよう
祈るしかできない

070527_184309.jpg


熱海のサロンのオーナーからお花をいただいた

水色 黄色 ピンク ワイン色 ばら色

お花をみると元気になれる
悲しいことも少し薄れて...





posted by shio at 21:50| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明日はきっと晴れますよ。
まぶしい陽の光と5月のかぜが、おくります
何と言葉をかけたらいいのでしょう。
口に出すと涙で言葉になりません。
ちょっとだけ袖をすり合せただけのお付き合いだったのに忘れられない人になりました。また優しい出会いがありまうように心から願います。
Posted by ふたば at 2007年05月28日 01:03
お久しぶりです。
更新なかったので、何かあったかと心配していました。「母と過ごす最後の日」って書いてあったので、さらに「ドキッ」としました。

私も親が年老いて、面倒が追いつかなくなったら、そういう選択も余儀なくされてしまうだろうな。
時代のせいにしてはいけないけれど、家庭を持って、親の面倒をみなきゃいけない時、本当に無理って人も多いと思います。家族の在り方や事情は、昔と比較にならないぐらい様変わりしましたもん。

私みたいに平凡に暮らしてしまっている者が、言うのも恐れおおいですが、shioさんの選択が間違っているとは思いません。

新しい希望の未来をこれから歩み出すんです。環境が変われば心もリフレッシュします。新しい土地で新しい発見。人の活力の源です。いいことがいっぱいありますよ。

追伸:
私事ですが、先日、某県警の巡査採用試験の一次試験合格しました。また6月半ばに二次試験を受けてきます。
いつも二次までいくけど落ちてきましたが、これが最後の試験です。精一杯頑張ってきます。ここで喜びの報告が出来ればいいな。

それと【母子病棟】のDVDを欲しいという人から突然メールが来て、私も無償でDVDコピーしてお渡ししました。
「WE LOVE 丈基金」のこともお伝えしておきました。
輪が広がっていけばいいですね!!!
Posted by たけち at 2007年05月28日 15:10
ふたば さん

とても良い場所で良い方がたくさんいて
晴れ渡る空のように、気持ちがさわやかになる場所に出会えて、本当に良かったです。

たけち さん

今は、この選択しか選べなかったので
後悔しないように、毎日、進んでいかなきゃなと思っています。

試験、頑張ってくださいね。


Posted by shio at 2007年05月29日 07:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。