2008年11月06日

実りの秋

今日は仕事終了後、ホテルでの研修

こんなに手のこんだ食事は初めてでした♪♪

食前酒 梅酒

先付け チーズ豆腐 蕪 とんぶり もって菊 二十日大根 美味汁
           
前菜  カリファルニアロール オレンジソース
    子持鮎有馬煮 柿麩 焼き栗 百合根萩寄せ
    松葉刺し 蘇 銀杏 零余子
    白和え  慈姑 杏子 網茸 伊久羅
    烏賊黄金 大徳寺麩 丁子茄子 百合の花

081106_182538.jpg  081106_182556.jpg

食べるのがもったいないような、ひとつひとつがとても繊細
蘇。。。日本最古のチーズ(飛鳥時代だったかな?)
零余子。。。むかご
もって菊。。。皇室しか使えなかった菊を料理にするのは
       「もってのほか」の「もって」

献立をよく読みながら食べるとよりおいしく、楽しい

お部屋係りの方が、くわしく教えてくれます

吸い物  玉子新蒸
     才巻海老葛打ち すすき茗荷 雁人参 水前海苔 酢橘
 

081106_185636.jpg

雁のかたちに人参が切られてあって、お椀の中に秋が満載

刺身  本鮪 平貝 嶋鯵 ひらめ

081106_190338.jpg

鮪は、口に入れたらすぐとろけました

進肴  鮑の踊り焼き

081106_193359.jpg  081106_193735.jpg

お酒につけられた鮑が酔っ払ってクネクネしていました
三陸あわびは柔らかくて、絶品 身はもちろん、仲居さんが肝も貝柱もきれいにとって切り分けてくれます

焚合せ  菊花蕪 巻湯葉 金目鯛オランダ煮 紅葉麩 針柚子

081106_192014.jpg

オランダ煮。。。一度揚げてから煮てあるもの。だそうです

体に染み入る出汁の味

081106_200027.jpg

鍋物 蟹羽二重団子きのこ汁
    生滑子茸 舞茸 松代茸 椎茸 ぶな湿地 
    里芋 丁子麩 モロッコ隠元

このタイミングで出るお鍋は、体の中にやんわり入ってきます

081106_200052.jpg


焼物 鰆利休焼け 
   柚子クリームグラタン 秋鮭 帆立 エリンギ ブロッコリー
   黒豆 丸十蜜煮 アチャラ大根 

最後まで、食べる楽しみがとまらなくて、目にもおいしい


081106_201220.jpg

この松葉、もちろん食べられないと思って残していたら
仲居さんから、「かじってみてください」と

かじってみると、香ばしい味がしました

「お蕎麦を揚げて、お砂糖を煮絡めて作ってあります」

すごいです。。。

留椀 新粟麩 干瓢 三ツ葉
食事 ちりめんじゃこ
香の物

081106_201455.jpg

これだけ食べても、ごはんにちりめんじゃこ山椒を混ぜて
するすると喉を通りました

水菓子
  
081106_204404.jpg

全て、残さずいただきました

さすがに、食べ終わると寝転がりたい気分でしたが
お付き合いで、バーへ。。。

タンバリンとマラカスでカロリーを消費して
屋上露天風呂へ

目の前が海なのですが、湾になっているから波の音もあまりせず
しずしずとした穏やかな静けさに、海と一体化しているような気分に

空を見あげると、星がちらほら

流れ星★★★

生まれて初めてみた流れ星でした

はぁー良い夜だったなぁ
リピータ率が60%というわけがよくわかりました









posted by shio at 23:59| Comment(0) | おいしぃもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。