2008年10月10日

遺伝子

母はALSという難病に、ある日突然、罹患したのだけど
原因がわからないから、難病
治療法がない

母と生活していたときは、私が風邪ひとつひいて寝込んでも
介護に差し障るので、健康には注意したし、万が一ケガをしそうな
ことは、やめていた

母が亡くなって、万が一の危険は今も困るけれど
危険の可能性が低く、フツウに生活してる人ならできることを
やろうと思っていた

骨髄バンクへの登録

治療法があるならば、どんなことでもしたかった母との生活で
病気に対して、なにもなす術がないことは歯がゆいものでした
治療法があり、その役にたてるならと思っていた

けれど。。。ALSである母をもった私は登録ができないのだそうです

遺伝性はないと言われているけれどやはりその遺伝子をもった人の骨髄を移植することは。。。

ちょっとショックでした
輸血もできないのだろうか?

なんだか、なにも役にたてない体なのかと思うと残念だけど
でも、私には手があるからな

その為に、今の仕事に出会えたのかもしれない



posted by shio at 23:34| Comment(0) | ALS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。